FC2ブログ

プロフィール

takashi1119

Author:takashi1119
名   前 勝間田 孝
海老名市国分南1-28-2
     東京ランドリー 店主
     クリーニング師

衣類、シミに関する質問がありましたらこちらまで
tokyolaundry@blue.ocn.ne.jp
www.ebinatokyo.com


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:洗濯
いくつかの洗剤の洗浄力を試験してみて気づいたこと、


それは洗剤によって性能に差があり、洗濯物の汚れや地色の濃淡によって使い分けが必要ということでした。


洗浄力テストですので「汚れを落とす」という観点からだけでいうと1位は


ジャーン!
100_2182_convert_20120911215910.jpg

アリエール7つの清潔でした。

お子様の服や体操着、靴下など汚れが酷い物はこの洗剤がよろしいかと思います。


だがしかーし、汚れ落ちが良いということは洗濯物の地色が褪めやすいということです。

色の濃いTシャツやポロシャツなどは色褪せが早いでしょう。

だから洗濯物によってどれも使うか選ぶのが良いのです。


例えば大人はあまり食べこぼしもしないし、洋服を汚しませんよね。洋服に含んだ汗だけが気になる方もいるかもしれません。

昨日かいた汗を抜きたいだけならどれでも落ちます。だったら地色が褪せにくい中性洗剤(液体のすすぎ1回のやつ)が適しています。

匂いが気になる、黄ばみが気になる洗濯物なら酸素系漂白剤入りの洗剤を選ぶべきです。

梅雨時や乾きにくい洗濯物なら抗菌剤入りの洗剤を選びましょう。

油汚れ、泥汚れがひどいならすすぎ回数は増えますが粉洗剤(アルカリ性)を使ってください。

生成りを保ちたいなら無蛍光、節水なら中性洗剤、環境を考えれば石鹸もいいでしょう。最近では柔軟材を入れなくてもやわらかく洗いあがるものもありますし。


どの洗剤が良いとは言えませんので、今回の実験はあくまでも参考ということにしてください。


洗浄力の2位以降は書きません。

順位をつけると下位の洗剤が悪い洗剤と錯覚させてしまうから。


次回からは洗濯だけでは落とせなかった汚れを落とす「シミヌキ」を書いていきます。

特殊な薬品を使わなくても落とす方法をお教えします。って言うほど偉そうなことは書けませんけどね。



スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:洗濯
たくさん買い込んだと思っていた洗剤も残すところこれだけになってしまいました。

「アリエール7つの清潔」です。

100_2182_convert_20120911215910.jpg

これは箱からして期待できそう。

なんせ7つの清潔です。

泥、雑菌臭、皮脂、黄ばみ、食べ物のシミ、洗濯層のカビ、ハウスダストの七つだそうです。

期待を胸にいつもの条件で洗ってみました。

7.jpg

・・・・・・。

粉洗剤(アルカリ性)の特徴がそのまま出ているだけでアタックバイオEXと同じような結果でした。

この洗剤になんとなく期待していただけに正直ちょっと期待はずれ・・・。


パッケージの裏面にアタックバイオEXのつけおき洗いのようなやり方が書いてあります。

7 2

説明しますと、「汚れがひどいときはつけおき洗いもできます」と。
①泥汚れを手ではたいて落とす。
②スプーンの少のセンまでの洗剤をバケツ半分のお湯に溶かし、その中でつけ置きする。
 白物:一晩
 色柄物:2~3時間
③他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗う  だそうです。

お湯の温度や量がアバウトに書かれているので「落ちなかったときの逃げ道か?」と半信半疑のまま実験スタート!


7 3

生地の色が生成り色で「白物」とは決して言えませんが汚れ落ちを確かめる実験なので40℃のお湯に指定どおりの量の洗剤をとかして一晩つけおきしてみました。

結果は・・・


7 4

いやぁ~、正直ビックリしました。

白物バージョンのつけこみ時間だったので生成り色が白くなりましたが、汚れも驚くほど落ちました。

今までの洗剤では絶対に落ちきらなかったラー油が落ちているのには驚きました。



泥が少し残っていますが、泥ジミの性質上物理的な力を加えないと落ちないのでつけこみでは仕方ないです。



あと紅茶も少し残りました。これは残念。惜しい。



口紅が落ちないのは想定内。口紅の落とし方はまたこのブログで紹介します。



ボールペンはわずかに残ってますが、私の予想を超えた落ち方をしています。この落とし方も後日やります。





洗浄力という観点からはこの洗剤が一番良かったですね。

洗っただけでは期待通りの力が発揮できなかったのは、洗い方を工夫すれば解決できると思います。洗浄力という力は十分に持った洗剤なのですから。


次回は実験のまとめを書きます。

DATE: CATEGORY:洗濯
今回の実験はアリエールREVOです。

100_2183_convert_20120911215940.jpg

これまた液体の一回すすぎ、液性は中性です。

100_2187_convert_20120913115721.jpg


今回もいつもと同じように35℃のお湯で15分、業務用のドラム式洗濯機で洗ってみました。

結果はご覧の通り・・・。

revo.jpg


この写真じゃ全然分かりませんよね。


 醤油・・・・・落ちている
 ソース・・・・落ちている
 ケチャップ・・落ちている
 ラー油・・・・かなり薄くなっている
 カレー・・・・薄くなっている
 ジャム・・・・落ちている
 泥・・・・・・落ちていない
 コーヒー・・・落ちている
 紅茶・・・・・薄くなっている
 ココア・・・・落ちている
 チョコレート・薄くなっている
 口紅・・・・・落ちていない
 ボールペン・・薄くなっている
 グリス・・・・薄くなっている     です。

こういう書き方をするとどれも同じように思われますが、いままでの洗剤では落ちなかったラー油がかなり薄くなっていて驚きました。

最近の流行の一回濯ぎの洗剤の中では一番だと思います。あくまでも洗浄力だけに着目するとですけど。
匂いも良いです。


洗浄テストも次回で終わり。

次のテストはアリエール7(粉)です。

全部終わったら改めて評価したいと思います。

DATE: CATEGORY:洗濯
 お次はあのベッキーでCMしているナノックスです。

100_2184_convert_20120911220010.jpg

「ナノレベルまで汚れを分解して落としきる」と書いてあります。

匂いは「クリスタルフルーティの香り」と書いてある通りの匂いがします。良い匂いですが、洗濯、すすぎ後もプンプンさせるような強い匂いではありません。



ドラム式にもピッタリと書いてありますので期待できます。

パッケージや容器の形も新しくて何となく落ちそうな気がしてきます。

では実験スタート!


ドラム式洗濯機(業務用)で35℃のぬるま湯で15分。どの洗剤も同じ条件です。

100_2187_convert_20120913115721.jpg

      左の数字が洗濯温度、右が残り時間です。温度は下がると自動的に上げてくれます。


洗濯後の汚染布はこんな結果でした。

ナノックス


 醤油・・・・・落ちている
 ソース・・・・落ちている
 ケチャップ・・落ちている
 ラー油・・・・落ちていない
 カレー・・・・落ちていない
 ジャム・・・・落ちている
 泥・・・・・・落ちていない
 コーヒー・・・落ちている
 紅茶・・・・・薄くなっている
 ココア・・・・落ちている
 チョコレート・薄くなっている
 口紅・・・・・落ちていない
 ボールペン・・わずかに薄くなっている。
 グリス・・・・落ちていない


うーん、「ナノレベルまで汚れを分解して落としきる」っていうのはこの程度なのかと思ってしまいました。

油を溶解する力がすこし弱いかなと思います。すすぎ1回がウリで中性なので仕方がありませんが他に比べてもラー油、ボールペンの落ちがすこし悪かったです。

まぁー、洗浄力が低いというのは悪いことばかりではなく、濃色のポロシャツなどは色が褪せにくくて良いのではないでしょうか。

油汚れはないけど汗をかいたちょっと大事な濃色のポロシャツ、Tシャツ、ズボンなどにいかがでしょうか?


DATE: CATEGORY:洗濯
 アタックバイオEXの兄弟、アタックNEO抗菌EXパワーを試験してみます。

100_2186_convert_20120911220123.jpg

この製品は最近流行のすすぎが1回で済むというスグレモノです。

液性は弱酸性と書いてあります。


石鹸や粉洗剤はアルカリ性。

他のすすぎ一回洗剤やおしゃれ着洗い洗剤は中性。

弱酸性の洗剤は珍しいです。私は使うのは初めてです。

本当に落ちるのか?と疑いながら洗ってみました。

今回も同じ条件で35℃のお湯で15分、業務用のドラム式の洗濯機で一枚で洗いました。

100_2187_convert_20120913115721.jpg




アタックNEO抗菌EXパワーで洗いあがった汚染布です。

neo.jpg

 醤油・・・・・落ちている
 ソース・・・・落ちている
 ケチャップ・・落ちている
 ラー油・・・・落ちていない
 カレー・・・・落ちていない
 ジャム・・・・落ちている
 泥・・・・・・落ちていない
 コーヒー・・・落ちている
 紅茶・・・・・薄くなっている
 ココア・・・・落ちている
 チョコレート・薄くなっている
 口紅・・・・・落ちていない
 ボールペン・・薄くなっている
 グリス・・・・薄くなっている

               でした。

これも思ったよりも落ちていました。

でもやはり油を分解する能力はアルカリ洗剤(粉のやつ)よりは劣っていました。

逆に紅茶はアルカリ洗剤よりも落ちていました。

紅茶やお茶を染み抜きする場合には酸性のものを持っていくのが常識ですので、うなずけます。

匂いもいいし、なかなか良い洗剤だと思いました。



抗菌EXという名前が語るように抗菌作用もあるようですが、それを測るのはなかなか難しいので今回は省きます。

梅雨時に部屋干しして臭くなってしまう方、この洗剤を使って試してみてください。匂いが出ないようであればしっかり抗菌作用が効いてる証拠ですので。







copyright © 2020 洗濯道 all rights reserved.Powered by FC2ブログ